出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「背 (そ) 向く」に対して「面 (おも) 向く」の意》

[動カ五(四)]
  1. ある場所・方角に向かって行く。「現場に―・く」

  1. 物事がある方向・状態に向かう。「心の―・くままに行動する」「病気が快方に―・く」

  1. 従う。同意する。

    1. 「なでふ事のたばかりをしてか、女の―・くべき」〈宇津保・藤原の君〉

[可能]おもむける
[動カ下二]
  1. 向かわせる。行かせる。

    1. 「岳 (をか) の上より南のそひを下りざまに―・けたり」〈今昔・二五・五〉

  1. うまくことが運ぶようにする。

    1. 「わが大事の聖 (ひじり) の君、このこと―・けしめ給へ」〈宇津保・藤原の君〉

  1. 従わせる。同意させる。

    1. 「恥づかしげなる御気色 (けしき) なれば、強ひてもえ聞こえ―・け給はず」〈・少女〉

  1. そのような方向・趣旨で考える。

    1. 「人にあまねく知らせじと―・け給へるけしき」〈・藤袴〉