おや【親/祖】 の意味

  1. (親)子を生んだ人。父と母の総称。また、その一方。養父母などにもいう。また、人間以外の動物にもいう。「実の―」⇔
  1. (親)同類を増やすもとになるもの。「サトイモの―」「―木」⇔
  1. (親)同種のもののうち、中心的役割を果たすもの。また、比較して大きいもの。「―会社」「―指」⇔
  1. (親)花札・トランプ遊びなどで、札などを配り、中心となってゲームを進行させる人。「―を決める」⇔
  1. (親)無尽などの発起人。
  1. 親株2」の略。
  1. 祖先。「―代々の土地」
    • 「おぼろかに心思ひて空言 (むなこと) も―の名絶つな」〈・四四六五〉
  1. 物事の始め。元祖。
    • 「物語の出で来はじめの―なる竹取の翁 (おきな) 」〈・絵合〉
  1. 上に立つ人。かしら。
    • 「国の―となりて」〈・桐壺〉
  • 名詞

おや【親/祖】の慣用句

  1. 親思う心にまさる親心
    • 吉田松陰の歌「親思ふ心にまさる親心けふの音づれ何ときくらん」から》子が親を思う心よりも、子を思いやる親の気持ちのほうがはるかに深いということ。
  1. 親が親なら子も子
    • 親が悪事を働き、子もまた悪事を働いた場合、その親子を非難する言葉。
  1. 親に似ぬ子は鬼子
    • 親に似ていない子は人の子ではなく、鬼の子である。子は当然親に似るものであるということ。
  1. 親の因果が子に報ゆ
    • 親のした悪業の結果がその子に現れて、罪もないのに災いを受ける。
  1. 親の顔が見たい
    • 《「育てた親の顔を見たい」の意》よその子の言動に呆れて発する言葉。
  1. 親の敵のよう
    • ひどく憎んだり嫌ったりするさま。
    • 程度がはなはだしいさま。「親の敵のように飯を盛る」
  1. 親の心子知らず
    • 親が子を思う気持ちが通じないで、子は勝手気ままなものであるということ。
  1. 親の脛を齧る
    • 子が自立できないで、親に養われている。「まだ―・る身なので」
  1. 親の光は七光
    • 親の社会的地位や名声が高いと、子はそのおかげを受けることが大きいということ。親の七光。
  1. 親の欲目
    • 親はわが子がかわいいため、実力以上に評価すること。
  1. 親は無くとも子は育つ
    • 実の親がいなくとも、子はどうにか成長していくものだ。世の中のことはそう心配するほどのこともないというたとえ。