おや‐ごう〔‐ガウ〕【親郷】 の意味

  1. 新田開発や開拓において、開発や開拓の拡大とともに分出した小集落(枝郷)に対し、年貢納入など郷村全体の行政を司る集落のこと。親村。⇔枝郷
  • 名詞