出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]

  1. 届きそうになる。

    1. 「七十 (ななそぢ) に―・れる杖なればすがりてのみぞ足も立ちける」〈新撰六帖・四〉

  1. 前方へのしかかる。

    1. 「人の後ろにさぶらふは、様悪しくも―・らず、わりなく見んとする人もなし」〈徒然・一三七〉