オランダりょう‐アンティル〔‐リヤウ‐〕【オランダ領アンティル】 の意味

  1. Nederlandse Antillen》カリブ海の小アンティル諸島にあったオランダの自治領。ベネズエラ北西沖にあるキュラソー島アルバ島・ボネール島、およびプエルトリコの東に位置するシントマールテン島南部・サバ島・シントユースタティウス島の6島により1954年に発足。首都はキュラソー島のウィレムスタッドに置かれた。1986年にアルバが分離、2010年にキュラソーシントマールテンが分離し、解体。他の3島(BES諸島)は本国に編入された。
  1. [補説]オランダ領アンティルを構成した6島は地理的に二つのグループに分かれ、このうちカリブ海南部のベネズエラ沖に連なるアルバ島・ボネール島・キュラソー島の3島はABC諸島、約800キロに離れたカリブ海北東部に位置するシントマールテン島・シントユースタティウス島・サバ島の3島はSSS諸島と総称される。また、オランダ領アンティル解体時に単独の自治領とならず、特別自治体としてオランダ本国に編入されたボネール島・シントユースタティウス島・サバ島の3島はBES諸島と総称される。