あさくさ‐じま【浅草×縞】 の意味

  1. 縦糸にくずの生糸、横糸に木綿糸を用いた紬 (つむぎ) 織り。武蔵の八王子付近から産した。