出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「おりかみ」》

  1. 紙を折って種々の物の形を作る遊び。また、それに使う紙。ふつう、正方形の色紙 (いろがみ) を使う。

  1. 二つ折りにした紙。

  1. 奉書紙鳥の子紙檀紙 (だんし) などを横に二つに折ったもの。公式文書・進物用目録・鑑定書などに用いる。

  1. 書画・刀剣・器物などの製作者・伝来などについての鑑定書。

  1. 物事の価値・資格などについての保証。

  1. 折り紙道具」の略。

出典:青空文庫