出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1887~1953]国文学者・民俗学者・歌人。大阪の生まれ。号、釈迢空 (しゃくちょうくう) 。国学院大・慶応大教授。日本文学・古典芸能を民俗学の観点から研究。歌人としても独自の境地をひらいた。歌集「海やまのあひだ」、詩集「古代感愛集」、小説「死者の書」、研究書「古代研究」など。