出典:デジタル大辞泉

公卿 (くぎょう) 殿上人 (てんじょうびと) などが用いた浅い。多くは桐 (きり) 製黒漆塗りで皮革製もあった。内部に布を張り、足の甲の部分に絹製の綿入れを入れた。→深沓 (ふかぐつ)