出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「おい(入)りない」の音変化。「おりゃる」の否定形》
  1. 「いない」の尊敬語。いらっしゃらない。

    1. 「父母の―・い国へは、お帰りない法で候ふと云ふぞ」〈毛詩抄・三〉

  1. 「ない」「いない」の丁寧語。ございません。おりません。

    1. 「金竜山の米饅頭 (よねまんぢゅう) は―・いか」〈松の葉・三〉

  1. (「…でおりない」の形で)…でございません。

    1. 「これへ参るも、別 (べち) なる事で―・い」〈虎清狂・禁野