おり‐びつ〔をり‐〕【折り×櫃】 の意味

  1. 檜 (ひのき) の薄板を折り曲げて作った小箱。形は四角・六角などさまざまで、菓子・肴 (さかな) などを入れる。
  • 名詞

おり‐びつ〔をり‐〕【折り×櫃】の慣用句

  1. おりびつもの【折り櫃物】
    • 折り櫃に入れたもの。
      「―、籠物(こもの)どもなど、殿の御かたより」〈紫式部日記