出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「おりゃる」の未然形+尊敬の助動詞「します」》
  1. 「ある」の尊敬語で、補助動詞的に用いる。…でいらっしゃる。

    1. 「清水の観音は、妻観音に―◦します」〈虎明狂・瞽女座頭〉

  1. 「ある」の丁寧語で、補助動詞的に用いる。…でございます。

    1. 「さてこれは、何の用に立つ物で―◦しますぞ」〈虎清狂・鏡男〉

[補説]尊敬語の例は少なく、江戸初期の狂言本では丁寧語として、主として女性が改まった場面で用いた。