出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 小曲を自動的に演奏する装置を小箱などに組み込んだもの。表面に針を植えつけた円筒や円盤がぜんまい仕掛けなどで回転し、順次その針が音階板に触れて音を出す。自鳴琴 (じめいきん) 。

  1. 歌舞伎下座 (げざ) 音楽の楽器の一。1の音色を模したもので、大きさの異なる鈴 (りん) を3~5個木板にとりつけたもの。2本の貝撥 (かいばち) で打つ。天界の音を表すときなどに用いる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[美術・音楽/楽器]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉