出典:デジタル大辞泉(小学館)

肝細胞内にあって尿素を合成する代謝回路。たんぱく質分解過程で生じる有毒なアンモニアが肝臓中のオルニチンと反応し、やがてアルギニンとなり、酵素アルギナーゼによって無毒な尿素とオルニチンとに分解される。オルニチンは再び回路に入る。尿素回路。オルニチンサイクル。尿素サイクル。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/人体]カテゴリの言葉