あさ‐ごみ【朝込み】 の意味

  1. 早朝、遊郭の開門と同時に入り込んで遊ぶこと。
    • 「―の床の内には、明け渡る鳥の声をかこち」〈浮・万金丹・一〉
  • 名詞