出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ変]

  1. ある」「居る」の尊敬語。存在する人を敬う。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「昔、太政大臣 (おほきおほいまうちぎみ) と聞こゆる―・しけり」〈伊勢・九八〉

  1. ものの所有者を敬って、そのものがあるの意を表す。おありになる。

    1. 「真実の心―・せむ人は、などか恥づかしとおぼさざらむ」〈大鏡・後一条院〉

  1. 行く」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「鴨院 (かもゐ) へ見に―・しつれば」〈かげろふ・下〉

  1. 来る」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「内裏 (うち) にて御対面のついでに聞こえ給ひしかど、―・せねば」〈・花宴〉

  1. (補助動詞)

    1. ㋐形容詞・形容動詞の連用形、断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付いて、…であるの意の尊敬語。…ていらっしゃる。

      「世に知らずさとうかしこく―・すれば」〈・桐壺〉

    2. 「御息所 (みやすどころ) もきよげに―・すれど」〈栄花・月の宴〉
    3. ㋑動詞の連用形、または、それに「て」を添えた形に付いて、動作の継続の意を添える「ある」、経過・移動の意を添える「行く」「来る」などの尊敬語。…ていらっしゃる。…ておいでになる。

      「かかる人も世に出で―・するものなりけりと」〈・桐壺〉

[補説]上代の「います」に代わって、平安仮名文学で多用された尊敬語。ただし、平安時代でも訓点語としては「います」が用いられ、「おはす」はほとんど使用されていない。活用については、四段・下二段の両用とする説もあったが、いずれも確例がなく、サ変とみるのが穏当である。しかし、後世には、四段活用として用いられた例もみられる。
  • 「盂蘭盆会 (うらぼんえ) にあなたの精霊を、祀 (まつ) ること在 (おわ) すがごとくに、私がお迎え申したことは」〈康成・抒情歌〉