出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 五十年忌、百年忌など、没後に長い期間を経て行われる年忌。

  1. 仏教諸宗派で、宗祖や中興の祖などの五十年忌ののち、50年ごとに遺徳を追慕して行う法会。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉