出典:デジタル大辞泉(小学館)

あさじうのやど」に同じ。

「―に昔をしのぶこそ、色好むとは言はめ」〈徒然・一三七〉