出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 人を敬って、その人に関する事柄をいう語。

    1. 「主上御不予の―と聞こえさせ給ひしかば」〈平家・一〉

  1. 貴人を敬って、その誕生や死を婉曲にいう語。

    1. 「後朱雀院の―をおぼしめし嘆きて」〈玉葉集・雑四・詞書〉

  1. 人を敬っていう語。おひと。おかた。

    1. 「まことに尊き―で渡り候はば」〈謡・江口

[代]二人称の人代名詞。あなたさま。
    1. 「かやうに付き副ひ奉るも、我らが身の上はさておきぬ。ただ―の苦しさをこそ存じ候へ」〈金刀比羅本保元・中〉