出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「いんしんふつう」とも》電話や手紙などによる連絡が何もないこと。「卒業以来音信不通の友人」