出典:デジタル大辞泉(小学館)

がんなどにかかった器官全摘出せずに、薬物や放射線で治療したり、切除をがん部分のみにとどめたりするなどして、機能の温存をはかる治療法。