あさつき‐なます【浅××膾】 の意味

  1. アサツキをゆで、貝のむき身などとともに酢味噌であえた科理。古来、3月3日の桃の節句に作る習わしがあった。