出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(フランス)Une Vieモーパッサンの長編小説。1883年刊。純真な女主人公ジャンヌの結婚生活にかけた夢が、夫の裏切り、息子の放蕩 (ほうとう) によって打ち砕かれていく幻滅の一生を描く。フランス自然主義文学の代表作。
山本有三の小説。昭和7~8年(1932~1933)発表。夫には先だたれ、一人息子に背かれながらも、後半生を積極的に生きようとする女性を描く。
森本薫の戯曲。5幕。昭和20年(1945)初演。明治・大正・昭和の3代、家のために献身的に働きながらも、報われることのない女性の姿を描く。