出典:デジタル大辞泉(小学館)

《江戸初期の遊里語から出た語。「御」の字を付けて呼ぶべきほどのもの、の意から》

  1. 非常に結構なこと。望んだことがかなって十分満足できること。「出費がこの程度で済めば御の字だ」

  1. 最上のもの。

    1. 「―の太夫」〈浮・諸艶大鑑・八〉

[補説]1について、文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、「70点取れれば御の字だ」を、本来の意味とされる「大いにありがたい」で使う人が38.5パーセント、本来の意味ではない「一応、納得できる」で使う人が51.4パーセントという逆転した結果が出ている。