出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国伝来の陰陽五行説に基づき、天文暦数卜筮 (ぼくぜい) などの知識を用いて吉凶・禍福を占う方術。朝廷は早くからこれを採用、陰陽寮を設け、平安時代には全盛を極めた。おんみょうどう。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉