出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代のに定めた三流 (さんる) の一。流罪 (るざい) のうち最も重いもの。平安時代には、伊豆安房 (あわ) 常陸 (ひたち) 佐渡隠岐 (おき) 土佐など、都を遠く離れた土地に流した。えんる。→近流 (こんる) 中流 (ちゅうる) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉