出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (ポルトガル)casta(血統)に由来》インド社会で歴史的に形成された身分制度。インドに侵入したアーリア人が定住する過程で形成されたバルナ(四種姓)を起源とするが、社会の複雑化や階級の細分化につれて種々の副次的な階層が派生し、その数は2000種にも達するといわれる。各階層ごとに職業・交際・通婚・慣習などについて厳格な規制がある。1950年の憲法はカーストに基づく差別を否定したが、なお存続。インドではジャーティ(生まれの意)という。→バルナ

  1. 階級制度。社会的階級、地位。

  1. 社会性昆虫に見られる役割の階層。アリでは、繁殖を行う女王アリ・雄アリ、育児・採餌・巣の建設を担う働きアリなどに分かれる。→カースト分化

出典:gooニュース