出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「合い」と同語源》

[名]
  1. 二人で互いに槌 (つち) を打ち合わすこと。あいづち。〈和名抄

  1. 共謀の仲間。ぐる。

    1. 「むむ、さては―ぢゃの」〈浄・女楠〉

  1. 相手をすること。また、相手。

    1. 「―には愚僧が行かいでたまるものか」〈伎・韓人漢文〉

[接頭]
  1. 名詞・動詞に付く。

    1. ㋐一緒に、ともに、の意を表す。「相弟子」「相伴う」

    2. ㋑互いに、の意を表す。「相四つ」「相憐れむ」

  1. 動詞に付いて、語勢や語調を整える。現代語では、改まったときや手紙文などで使われる場合が多い。「相成る」「相変わらず」