あさねぼう‐むらく〔あさねバウ‐〕【朝寝坊夢楽】 の意味

  1. [1777~1831]江戸後期の落語家。本名、里見晋兵衛。三笑亭可楽の弟子。人情話を得意とした。
  • 名詞