出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 区切り。境 (さかい) 。仕切り。「界を接する」

  1. 限られた社会や範囲。多く接尾語的に用いる。「社交界」「文学界」

  1. (梵)dhātuの訳。部類・要素・基礎などの意》仏語。

    1. ㋐人間存在の構成要素として類別の範疇 (はんちゅう) となるもの。六根六境六識のそれぞれを界として、十八界をたてる。

    2. ㋑宇宙の構成要素。地・水・火・風・空・識の六大 (ろくだい) のこと。六界。

    3. ㋒領域または世界。欲界色界無色界の三界。

  1. 生物分類学上の基本階級の一つ。の上に位置し、従来は最上位の分類群とされていたが、現在は界の上にドメインという階級が設けられている。

  1. 地質年代による地層区分の最大の単位。年代区分の「」に対応し、「」をいくつか集合したもの。古生代中生代新生代の地層を、古生界・中生界・新生界とよぶ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉