かい‐オペレーション〔かひ‐〕【買(い)オペレーション】 の意味

  1. 市場が資金不足のときに、中央銀行(日本では日本銀行)が金融機関の保有する債券などを買い上げて市場に資金を供給すること。金融機関の支払準備金が増加し、金融が緩和される。買いオペ。→公開市場操作