あさひ‐ぐし【朝日×櫛】 の意味

  1. 蘇芳 (すおう) で赤く染めたシカの角で作った櫛。元禄(1688~1704)ごろに流行。
  1. 朱塗りの木製の櫛。
  • 名詞