• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かいぎょう‐い〔カイゲフ‐〕【開業医】例文一覧 4件

  1. ・・・けれども、いま、記録も統計も、すでに官僚的なる一技術に成り失せ、科学、医学は、すでに婦人雑誌ふうの常識に堕し、小市民は、何々開業医のえらさを知っても、野口英世の苦労を知らぬ。いわんや、解剖学の不確実など、寝耳に水であろう。天然なる厳粛の現実・・・<太宰治「HUMAN LOST」青空文庫>
  2. ・・・すべて狸一派のやり口は今日開業医の用いておりやす催眠術でげして、昔からこの手でだいぶ大方の諸君子をごまかしたものでげす。西洋の狸から直伝に輸入致した術を催眠法とか唱え、これを応用する連中を先生などと崇めるのは全く西洋心酔の結果で拙などはひそ・・・<夏目漱石「琴のそら音」青空文庫>
  3. ・・・アメリカ映画のシスター・ケリーをみても、アメリカではじめての婦人開業医ブラックウェルの話をよんでも、科学における婦人の能力のために闘わなければならなかった様子がはっきり分ります。日本は、封建的偏見と闘いながら、婦人が自身の科学的技術を確立さ・・・<宮本百合子「質問へのお答え」青空文庫>
  4. ・・・税務署も、文筆家は、ほかの勤労とちがうとして、開業医、弁護士なみの所得税徴収の基準をたてている。私たちは、作家という社会的な仕事を、現実に自分の企業として行っていない。労作の努力、そのかげにかくされた永い歳月の辛苦、それらは一枚いくらという・・・<宮本百合子「文化生産者としての自覚」青空文庫>