出典:デジタル大辞泉(小学館)

内閣府、各省に直属するが、その内部部局の外にあって、特殊な任務を所管する行政機関。庁と委員会の2種があり、1府10省に17の庁と8つの委員会が置かれている。⇔内局

[補説]外局としての庁には、金融庁消費者庁(内閣府)、消防庁(総務省)、公安調査庁出入国在留管理庁(法務省)、国税庁(財務省)、文化庁スポーツ庁(文部科学省)、林野庁水産庁(農林水産省)、資源エネルギー庁特許庁中小企業庁(経済産業省)、海上保安庁気象庁観光庁(国土交通省)、防衛装備庁(防衛省)の17庁がある。外局としての委員会には、公正取引委員会国家公安委員会個人情報保護委員会(内閣府)、公害等調整委員会(総務省)、公安審査委員会(法務省)、中央労働委員会(厚生労働省)、運輸安全委員会(国土交通省)、原子力規制委員会(環境省)の8つがある。なお、警察庁は国家公安委員会、検察庁は法務省に特別の機関として、また、宮内庁は内閣総理大臣の管理に属する機関として内閣府に、復興庁は内閣直属の機関としてそれぞれ設置されているもので、外局としての庁とは異なる。

出典:青空文庫