出典:デジタル大辞泉(小学館)

会稽山」の略。
  1. 会稽の恥」の略。

    1. 「敵 (かたき) を平らげ、―を濯 (すす) がん」〈謡・鞍馬天狗

  1. 《会稽の恥をすすぐ意》あだ討ち。仕返し。復讐 (ふくしゅう) 。

    1. 「今度にあらずは、いづれの日か―をとげん」〈平家・四〉