あさ‐ぶさ【朝普茶】 の意味

  1. 朝食前に食べる菓子の類。
    • 「二人の子供が―前、忘れず、必ず桑山(=薬ノ名)呑 (の) ませて下され」〈浄・天の網島