出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「飼い蚕 (こ) 」の意》

  1. カイコガの幼虫。孵化 (ふか) したては黒く小さいが、のち白い芋虫となり、体長7センチくらい。桑の葉を食べ、ふつう4回脱皮し、繭を作ってさなぎになる。繭から生糸がとれ、育つ時期により春蚕 (はるご) 夏蚕秋蚕などとよぶ。養蚕が全国に普及したのは近世以降。家蚕 (かさん) 。 春》「逡巡 (しゅんじゅん) として繭ごもらざる―かな/虚子

  1. 蚕を飼うこと。養蚕を始めること。 春》「髪結うて花には行かず―どき/太祇