出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 口を開くこと。ものを言い始めること。

  1. 外に向かって開いていること。「開口部の多い部屋」

    1. ㋐能で、1曲の最初の謡いだしの部分。かいこ。

    2. ㋑中世の猿楽で、最初に登場して祝賀の意を含めたこっけいな文句を述べること。能の形成に伴い、まじめなものとなった。開口猿楽。

    3. ㋒中世の延年などの一芸で、こっけいな地口 (じぐち) やしゃれを唱えたりする話芸的なもの。㋑を取り入れたものらしい。

    4. ㋓近世、幕府の大礼能や本願寺の礼能などの儀式的な演能で、脇能の初めにワキの役が新作の祝賀の文句を謡うこと。また、その謡 (うたい) 。