出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《「かきさぐる」の音変化》手で、触ってようすをみる。
  • 「袂の中を―・りて、揉皺 (もみしわ) みたる二通の書類を取出しつ」〈紅葉金色夜叉