出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 畳んでふところに入れておく紙。臨時に書状や詩歌の料紙に用いたり、茶席で菓子を取り分けたり茶碗の縁などをふくのに用いたりする。ふところがみ。畳紙 (たとうがみ) 。

  1. 詩歌・連歌・俳諧を正式に記録、詠進するときに用いる料紙。檀紙 (だんし) ・奉書紙・杉原紙など。寸法・折り方・書き方などにおのおの規定がある。