あさむし‐おんせん〔‐ヲンセン〕【浅虫温泉】 の意味

  1. 青森市北東部、青森湾に面する温泉。泉質は塩化物泉硫酸塩泉
  • あさむし‐おんせん〔‐ヲンセン〕【浅虫温泉】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ たしかに、あれは、関東大地震のとしではなかったかしら、と思うのであるが、そのとしの一夏を、私は母や叔母や姉やら従姉やらその他なんだか多勢で、浅虫温泉の旅館で遊び暮した事があって、その時、一番下のおしゃれな兄が、東京からやって来て、しば・・・

      太宰治「『井伏鱒二選集』後記」

    • ・・・北さんも、そこに一泊してそうして翌る日から私と二人で、浅虫温泉やら十和田湖などあちこち遊び廻ろうというのが、私たちの東京を立つ時からの計画であったのだが、けさほど東京の北さんのお宅から金木の家へ具合いの悪い電報が来ていて、それがために、どう・・・

      太宰治「帰去来」

    • 浅虫温泉の近くで夜が明け、雪がちらちら降っていて、浅虫の濃灰色の海は重く蜒り、浪がガラスの破片のように・・・

      太宰治「善蔵を思う」