かい‐じょう〔‐ジヤウ〕【海上】 の意味

  1. 《古くは「かいしょう」》海の上。海面。海路。
  • 名詞

かい‐じょう〔‐ジヤウ〕【海上】の慣用句

  1. かいじょううんそう【海上運送】
  1. かいじょううんそうほう【海上運送法】
    • 海上運送事業の運営を適正化・合理化することにより、輸送の安全を確保し、海上運送の利用者の利益を保護することなどを目的として、船舶運航事業、船舶貸渡業、日本船舶および船員の確保、海上運送事業に使用する船舶の規格・船級などに関する行政的な指導について定めた法律。昭和24年(1949)制定。
  1. かいじょううんゆ【海上運輸】
  1. かいじょうけいさつけん【海上警察権】
    • 自国の主権または主権的権利がおよぶ海域において、国家機関が行使する管轄権。海賊船・不審船・不法操業を行う外国漁船などに対して、臨検拿捕抑留引致を行うことができる。日本では海上保安庁が海上警察権の実施を担い、対応が困難な場合は、自衛隊海上警備行動などを発動して対応する。
  1. かいじょうけいびこうどう【海上警備行動】
    • 海上での人命・財産の保護、治安の維持を目的とする自衛隊の活動。自衛隊法82条に基づき、防衛大臣が内閣総理大臣の承認を得て発令する。武器の使用については、警察官職務執行法・海上保安庁法を準用し、正当防衛・緊急避難の場合を除き、人に危害を与えてはならないとされる。海警行動。→危害射撃部隊行動基準
    • [補説]平成11年(1999)に能登沖で見つけた不審船が逃走した際に自衛隊発足以来初めて発令された。海上警備行動で対応できない場合は、内閣総理大臣によって防衛出動が発令される。
  1. かいじょうけいびたい【海上警備隊】
  1. かいじょうけん【海上権】
    • 軍事・通商・航海などに関して、一定の海域を支配する権利または権力。制海権。
  1. かいじょうこうつう【海上交通】
    • 海上を航行する船舶による交通。→水上交通
  1. かいじょうこうつうあんぜんほう【海上交通安全法】
    • 船舶交通が混雑する海域において特別の交通方法を定め、危険防止と安全の確保を目的とした法律。昭和48年(1973)施行。
  1. かいじょうこうわんこうくうぎじゅつけんきゅうじょ【海上港湾航空技術研究所】
  1. かいじょうじえいたい【海上自衛隊】
    • 自衛隊の一。海上幕僚監部、自衛艦隊・地方隊・教育航空集団などの部隊、各種学校などからなり、海上幕僚長の補佐を受けた防衛大臣の統括の下に、海上における防衛を主な任務とする。昭和29年(1954)警備隊を改組・改称して設置。海自。
  1. かいじょうしょうとつよぼうほう【海上衝突予防法】
    • 海洋その他の水域において、船舶および水上航空機の衝突防止のため、灯火・航法・針路信号などについて定めた法律。昭和52年(1977)施行。昭和58年(1983)一部改正。
  1. かいじょうせん【海上戦】
  1. かいじょうたつまき【海上竜巻】
    • 水上で発生し、その後も上陸しなかった竜巻。
  1. かいじょうはいびエックスバンドレーダー【海上配備Xバンドレーダー】
  1. かいじょうばくりょうかんぶ【海上幕僚監部】
  1. かいじょうふうさ【海上封鎖】
    • 海軍力を用いて、他国の海上交通を遮断すること。→封鎖2
  1. かいじょうほあんかん【海上保安官】
    • 海上警備・海難者救助・海図作成・灯台や航路標識の設置など海上の安全確保に関する業務を行う海上保安庁の職員。特別司法警察職員として、海上で発生した事件について一般の警察官と同等の権限を行使する。必要な範囲内で武器の携帯・使用を認められている。
  1. かいじょうほあんだいがっこう【海上保安大学校】
    • 海上保安庁の付属機関の一。幹部職員の養成を目的とするもので、昭和26年(1951)広島県呉(くれ)市に開設。
  1. かいじょうほあんちょう【海上保安庁】
    • 国土交通省の外局の一。日本の沿岸水域における各種法令の順守、海難の防止、安全の確保、環境保全などを任務とする。また、海洋調査なども行う。本庁のほか、国内各地に管区海上保安本部をもつ。付属機関に海上保安大学校がある。昭和23年(1948)設置。海保。保安庁。JCG(Japan Coast Guard)。
  1. かいじょうほあんほんぶ【海上保安本部】
  1. かいじょうほあんりゅうちしせつ【海上保安留置施設】
  1. かいじょうほう【海上法】
  1. かいじょうほかく【海上捕獲】
    • 交戦国が公海または領海で、敵国の艦船やその貨物、あるいは中立違反の嫌疑のあるものなどを捕獲すること。
  1. かいじょうほけん【海上保険】
    • 船舶の沈没・座礁・衝突・火災・盗難など、航海に関する事故によって船舶・積み荷に生じる損害の填補(てんぽ)を目的とする損害保険。
  1. かいじょうゆそう【海上輸送】
  1. かいじょうれいしき【海上礼式】
    • 軍艦が、他国の海岸砲台のある軍港に入ったとき、また、海上で他国の艦船と遭遇したとき、礼砲または旗章をもって相手に敬意を表する礼式。
  1. かいじょうれんらくメカニズム【海上連絡メカニズム】
    • 艦艇や航空機による衝突事故などを防ぐため、国家間で設ける緊急連絡体制。平成26年(2014)、尖閣諸島周辺における日中関係の緊張感の高まりを受け、日本政府が中国に対して連絡体制の構築を要請。両国間で協議が進められている。