がい‐すい【崖×錐】 の意味

  1. がけや急斜面の下に、落下した岩屑 (がんせつ) が堆積 (たいせき) してできた半円錐状の地形。