出典:デジタル大辞泉(小学館)

疥癬虫(ヒゼンダニ)の寄生によって起こる伝染性の皮膚病。下腹部・わきの下・内またなどに散発する赤い丘疹 (きゅうしん) 、指の間に多発する小水疱 (しょうすいほう) ・水膿疱 (すいのうほう) と線状の皮疹などが特徴で、非常にかゆい。馬・メンヨウ・ヤギなどにも発生し、家畜伝染病予防法の監視伝染病(届出伝染病)の一。湿瘡 (しっそう) 。皮癬 (ひぜん) 。