出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治14年(1881)、北海道開拓使長官の黒田清隆が、1400万円余を投じて得た船舶・鉱山などの官有物を、同郷の薩摩の政商五代友厚らの関西貿易商会に38万円余、無利子30年賦で払い下げようとして政治問題化した事件。世論や自由民権派の攻撃により払い下げは取りやめとなった。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉