出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 道しるべ。道路標。

  1. 所得政策を実施する際に、賃金の上昇率を生産性上昇率の範囲内におさめるために、政府が民間に示す生産性上昇率の傾向値。