出典:デジタル大辞泉(小学館)

歩きやすいように着物の褄 (つま) をつまみ上げた姿。

「物も着あへず抱き持ち、ひきしろひて逃ぐる、―のうしろ手」〈徒然・一七五〉