出典:デジタル大辞泉

[名]
  1. 舌の味覚神経が飲食物に触れたときの感じ。甘味・酸味などや温度の総合した感じ。「味をつける」「スープの味が濃い」「あっさりした味」「他店より味が落ちる」

  1. そのもののもっている趣。含蓄。よさ。「味のある絵」「演技に味が出る」

  1. 物事を経験したあとでの感じ。「当選の味」「夜遊びの味」

  1. 相場の動きの状態。

  1. 囲碁・将棋で、のちに影響の出そうな指し手。「味が悪い手」

[形動][文][ナリ]一風変わって、おもしろいさま。また、気のきいているさま。しゃれているさま。おつ。「縁 (えん) は異 (い) なもの味なもの」「味な趣向」