(あじ)を占・める の意味

  1. 一度うまくいったことからその妙味を知り、暗に次にも同様のことを期待する。「株でもうけて―・める」