がい‐ぶ〔グワイ‐〕【外部】 の意味

  1. 物の外側。外から見えるところ。「外部損傷」⇔内部
  1. その組織に関係のない人。部外者。「外部に秘密を漏らす」⇔内部
  • 名詞

がい‐ぶ〔グワイ‐〕【外部】の慣用句

  1. がいぶいじょうでんあつ【外部異常電圧】
  1. がいぶいたく【外部委託】
  1. がいぶいたくがたとうししんたく【外部委託型投資信託】
  1. がいぶかんさ【外部監査】
  1. がいぶかんじ【外部監事】
    • 一般社団法人監事で、過去にその法人または子法人の理事や使用人になったことのない人。
  1. がいぶきおくそうち【外部記憶装置】
  1. がいぶきせい【外部寄生】
  1. がいぶきんゆう【外部金融】
    • 企業が経営活動に必要な資金を企業外部から調達すること。主な方法は、株式の発行、社債の発行、金融機関からの借り入れなど。⇔内部金融
  1. がいぶクロック【外部クロック】
  1. がいぶけいざい【外部経済】
    • 関連産業または経済全体の発達、立地条件の変化などによって個々の企業の生産費が低下し利益を受けること。⇔内部経済
    • ある企業や消費者の経済活動が、市場取引によらずに第三者に便益・利益を与えること。例えば、果樹園の経営が養蜂家に与える利益。
  1. がいぶコア【外部コア】
  1. がいぶこうでんこうか【外部光電効果】
  1. がいぶしきん【外部資金】
    • 株式・社債の発行や金融機関からの借り入れなどにより、企業が外部から調達する資金。→内部資金
    • 大学が外部から獲得する研究資金。国や独立行政法人から配分される補助金、地方公共団体や民間企業から提供される受託研究資金・共同研究資金、寄付金など。
  1. がいぶしょうしゃ【外部照射】
  1. がいぶせい【外部生】
    • 大学や高等学校などで、付属学校ではない学校出身の学生・生徒。内部生に対していう。外進生。
  1. がいぶせんりょう【外部線量】
  1. がいぶていこう【外部抵抗】
    • 電気回路のうち、電池などの電源以外の部分に存在する電気抵抗。⇔内部抵抗
  1. がいぶでんげんそうしつ【外部電源喪失】
    • 原子力発電所などの原子力施設において、施設外部の送電網や施設内部の主発電設備から、原子力施設を構成する装置への電力の供給が停止すること。非常用炉心冷却装置原子炉格納容器への電源供給が停止した場合は、非常用ディーゼル発電機によって、施設の安全確保に必要な電力を供給する。
  1. がいぶどうさしゅうはすう【外部動作周波数】
  1. がいぶねんりょうタンク【外部燃料タンク】
    • 航空機や車両などの外側に装備され、積載した燃料を本体のエンジンに供給する装置。ET(external tank)。
  1. がいぶバス【外部バス】
  1. がいぶひばく【外部被曝】
    • 人体外部の放射性物質や放射線発生装置による被曝α線は透過力が弱いため線源が体外にある限り悪影響はない。β線は1センチメートル程度の透過力があり、皮膚表面のみ被曝する。γ線は透過力が非常に強いため全身を被曝することがある。一方、体内に取り込んだ放射性物質からの被曝を内部被曝という。体外被曝。体外照射。外照射。
  1. がいぶふけいざい【外部不経済】
    • ある企業や消費者の経済活動が、市場取引によらずに第三者に不利益・損害を与えること。例えば、公害。
  1. がいぶほうこくかいけい【外部報告会計】
  1. がいぶやくいん【外部役員】
  1. がいぶりじ【外部理事】
    • 一般社団法人理事で、現在も過去にも、その法人または子法人の理事や使用人となっていない人。
  • がい‐ぶ〔グワイ‐〕【外部】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・たまたまそれを河内山にやる際に、幾分外部の事情に、強いられたような所があったにしても、彼の満足が、そのために、少しでも損ぜられる事なぞはないのである。

      芥川竜之介「煙管」

    • ・・・そうしてこの結合は、むしろそういう外部的原因からではなく、じつにこの両思想の対立が認められた最初から今日に至るまでの間、両者がともに敵をもたなかったということに原因しているのである。

      石川啄木「時代閉塞の現状」

    • ・・・その時、医師の言われるには、これは心臓嚢炎といって、心臓の外部の嚢に故障が出来たのですから、一週間も氷で冷せばよくなりますとのことで、昼夜間断なく冷すことにしました。

      梶井久「臨終まで」